芝刈り・雑草取り以外にも、間伐の木も再利用できます

再利用で無駄なく使用 再利用で無駄なく使用

間伐材はどう生かされている?~業者が回収後の再利用方法~

環境保護が声高に叫ばれているこのご時世、雑草取りや芝刈りはともかく間伐で木を取り除くのは環境破壊になるのではと思う方もいると思います。しかし、実際には間伐で取り除いた木はきちんと資材として様々なところで再利用されています。

間伐材はエコ素材

木材

木材の再利用率は、雑草や芝を再利用されるよりも遥かにリサイクル率が高いです。なぜなら、木材は様々な道具の資材に活用できるほど汎用性が高く、加工次第でどんなものにも使用することができるからです。

さまざまな方法で再利用されている

パーティクルボード
木材を一度チップになるまで細かくバラバラにし、再び固めて再形成することで自由にサイズや形を調整することができるようになります、これをパーティクルボードといい、机や椅子、その他家具に使用することができます。
ファイバーボード
木材をチップどころか繊維レベルまで分解して作られたものをファイバーボードといいます。こちらもパーティクルボードと同じく様々な形にすることができます。さらに、密度を弱めにして固めることで断熱材や防音材としても利用できます。
ペレット
端材や樹脂など上部のように再利用できないものを粉々にし、固めたものをペレットといいます。これは主に薪代わりに用いられます。灰が少なく、火力が強いとして現在注目を集めている再利用方法です。

割り箸としても大活躍

最も身近な再利用例として有名なのが、割り箸です。コンビニやスーパーで用いられる割り箸はほとんどがこの間伐によって間引かれたものから使用されています。

TOPボタン